健脳エキス K・リゾレシチン配合のアルファベスト

脳力サプリメント K・リゾレシチンの威力

K・リゾレシチンとは、加水分解された低分子レシチン(リゾフォスファチジリコリン)
に特殊栄養素を融合させたものです。この成分が体内で代謝され、アセチルコリン
(情報伝達物質)に変わります。
低分子とは、従来のレシチンにおける脂肪酸結合をさらに微分化して、体内への消化、
吸収力を大幅にアップさせたものです。
PS(フォスファチジルセリン)は、脳のエネルギー生産や神経細胞間の連絡を助け、
情報伝達を改善、向上させます。

”脳力サプリメント おすすしますK・リゾレシチン:岩手大学名誉教授  大沢 博

K・リゾレシチンのすすめ 1928年、群馬県生まれ。東京文理科大学卒業。
1956年岩手大学に勤務、教育学部教授となる(心理学)。
1994年定年退職、岩手大学名誉教授。
人間の心、行動と栄養の関係を探求、食事の崩れの重大性を
訴えている。「食原性症候群」「食原性低血糖症」「食事で
治す心の病」などの著書、シャウス著「栄養と犯罪行動」、
レッサー著「栄養・ビタミン療法」、ホッファー著「ビタミ
ンB3の効果」などの翻訳がある。

予防医学・代替医療振興協会学術理事、
ナチュラルクリニック・センター評議会、
(財)日本カウンセリング・センター評議委員、
日本総合医学会顧問、国際統合失調症基金日本支部名誉顧問、
日本オーソモレキュラー医学会名誉顧問。

現代は「心のケア」「心の教育」「心の健康」など、「心」という
話がはんらんしている「心」の時代です。
心を生みだし、支えてるのが脳です。その脳をつくり動かせるのが
栄養。正しい食事をしなければ、脳は十分に動けません。脳のはた
らきは、こまかく見れば神経組織の情報伝達です。アセチルコリン
を主成分としているのがレシチンですが、K・リゾレシチンは低分
子なので、胃の粘膜からすばやく吸収されるし、低分子で脂溶性な
ので、「血液脳関門」を通過できます。
「気」という字は本来「氣」で、米が中心にあります。「頭」とい
う字のへんは「豆」です。豆の代表、大豆はいわばレシチン食品。
脳の働きをよくするため、正しい食事に加えて、低分子のK・リゾ
レシチンをとることを、おすすめします。

「K・リゾレシチン」研究者 鈴鹿医療科学大学教授  具 然和

K・リゾレシチンと栄養 鈴鹿医療科学大学教授。健康科学博士
東京大学大学院医療系研究科放射線健康管理学博士課程終了
(医学博士号第1055号東京大学)。ソウルカソリック大学
医学部放射線腫瘍学科客員教授。著書に「最新放射線安全
管理学」「老化と成長ホルモン」他多数。

K・リゾレシチンを投与することによって、
「脳内ホルモンの分泌量や調整効果」について、
「水迷路実験による学習効果」を研究し、2005年3月に「日本薬学会」で発表。
K・リゾレシチンがアルツハイマーをはじめ、老化や記憶
障害を抑制し、学習能力を高めることを動物実験で証明する。